2d3a9545fb483985e58fd625e42fd14b-853x102

​藤井 みゆき

2017年度卒業、デンソーテンレッドフェニックス所属

 

    京都橘大学での4年間は私にとってとても成長することができた場所でした。高校では寮生活であったり、食事面に制限があったり毎日バレーボールのみの生活でしたが、京都橘大学ではそういったルールは一切ありませんでした。社会に出る準備として、全てが自己管理です。橘といえば何といってもトレーニングが厳しい!と知らない人はいないぐらい広まっていると思います。確かに厳しいですが、自分が手を抜いてしまえば楽な方にも簡単に逃げることができます。そこで耐えて頑張ろうと思えた人は試合で必ず花が咲きます。 
   バレーボールを楽しむことは一番大切なことです。 
   しかしそこに厳しさがなければ結果はついてきません。勝ったときに嬉しい、感動した、楽しかった!!と思うためには1人1人が努力をしなくてはいけません。 京都橘大学は常に勝つことにこだわりをもって、楽しくも厳しく取り組むことで人間的に成長していく場でもあります。 
    藤田監督は良くも悪くも選手1人1人のことをしっかりと見ているので、努力している人を見逃すことは絶対にありません。そんな藤田監督に何としても結果を残したいという想いで本当はサボりの私ですが必死に努力を重ねました。その努力があったからこそ、わたしは今も現役でバレーボールができて、収入があり生活ができています。誰もが自分の好きなことを仕事にできて、好きなことを毎日できるわけではありません。京都橘大学に来ていなかったら今の生活はありえないこと、周りの支えがあったから今の私があることに感謝して、9人制と環境は違いますが、日本一を目指して頑張りますので京都橘大学に入学する皆さんも素晴らしい4年間を過ごしてください。