〜 バレーボールを通じて社会に出ても通用する人財を育成する 〜

近畿圏に留まらず、全国で勝負するためには常に意識と準備が必要である。

コート内では当然のこと私生活においても自己管理できるものが

バレーボールおよび人生において真の勝利者になれる。

明確な目標を基に共通認識し、物事をしっかりと相手に伝えることを習慣すれば

コミュニケーションが培われ、信頼関係が構築される。

その日々の取組みが最終的には大きな結果をもたらす要因となる。

個人の得意なことを前面に出し、不得意なことはできるものがカバーする。

自分の「強み」を理解しチームに貢献できることは何かを常に考える。

自分の強さ、相手の弱さを知り、真っ向から問題に立ち向かうそれが組織力である。

コミュニケーション力、広い視野、予測力、先見力、準備、気配り、問題意識、そして日々努力。

オンコートでもオフコートでも常に周囲から信頼のある選手でいることが必ず成功につながるはずである。

一人一人の個性を尊重し、手を取り合い、強い絆で結ばれ、組織力で優勝を目指すチーム作りをしていく。