中田唯香選手.png

中田 唯香

2015年度卒業、大野石油広島オイラーズ所属

 

    大学は、『社会人予備軍』として、バレーボールだけでなく、大人の女性、社会に出た時に通用する人間になる為、”人間性”を磨く場所です。監督がそういったことを重視してくれる方で、他大学では禁止なことが多いアルバイトをして、自分でお金を稼ぐことの大変さ、化粧をして通学するという女性らしさを大切にする事、上下関係や同期との繋がり、バレーボールと勉学の両立など、たくさん学び、たくさん躓き、たくさん成長できました。 
   大学バレーは、高校と違い、高さも技術もパワーも違います。技術は大切ですが、橘大学では技術より、体づくりが大切だと気付かされました。私は高さがない分、スピードやパワー、ジャンプ力などを付けなければいけませんが、トレーニングをただやるだけではつきません。トレーニングの理解・意識が変わったから、バレーボールのパフォーマンスが大きく変わりました。『しんどい』ではなく、”自分の為”と思って毎日やり続ける事、トレーニングとバレーボールは連動していると実感したからこそ、今の自分に活きています。体の使い方を理解する事で、プレーでの幅も広がり、スピード・意外性・繋ぐバレーを展開できる橘バレーをとても楽しむことができました。 
   大学四年間で、技術はもちろん、心・体が大きく変われたと思います。その四年間のおかげで、今Vリーグの舞台で166cmの私が、スパイカーで戦うことが出来ていると感じます。 楽しいばかりではありませんし、色んなことでぶつかると思いますが、その繰り返しで成長出来ます。 
   私はこの京都橘大学に入り、監督コーチ、仲間や先輩、後輩、色んな人に出会えて感謝しています。 
   自分の気持ち、意思でどんな四年間にさせるかです。 私も、今の場所でバレーボールが出来ていること、それには色んな方々が、携わってくれていることを忘れずに”今”を頑張ります。京都橘大学に入学する皆さんも、悔いのない四年間に出来るように、”今”その瞬間を頑張ってください。