963956222576900ef49f415ae7402165-887x102

​津賀 菜緒

2015年度卒業、PFU所属

 

    私は大学在住中の4年間でチーム力は勝利に繋がることを知り、トレーニングの重要さを学び、社会に出る前の貴重な時間を過ごさせてもらいました。 
   初めての県外での一人暮らしで自炊をしたりバイトをしたりと、自分1人で生活をしていくことがどれだけ大変かを痛感しました。その中でもやはり自分自身の弱さに負け、周りに甘えていた時期もあり、たくさんの人に迷惑をかけました。 そのときに支えられた両親、同期のおかげで今の自分があると思います。 
   試合で勝つために、まずはトレーニングや日々の練習をきちんとこなすことが大事だと思います。最初の頃、トレーニングはただこなしているだけでしたが、学年が上がりトレーニングに対する考え方が変わりました。1つ1つのトレーニングの動作がバレーボールに繋がっていることが自分で気づけた時からトレーニングが楽しくなり、きついことも練習に繋がると思って乗り切ることができました。人生、やっても意味がないことは何一つありません。それがこの先自分の糧になります。 
   大学生活、順風満帆に終わった人は誰一人いないと思います。それぞれの悩み、辛さなどがあり、時にはチームメイトとぶつかり合うこともあると思います。でもそれを話し合い、解決することで隣の人との繋がり、チームメイトとの繋がりができボールも繋がります。 後輩の皆さんには、どこのチームよりもチーム力を高め、1人1人の繋がりを大事に頑張ってほしいと思います。 
   最後に、藤田監督の元でバレーを学んだおかげで今でも高いレベルでバレーボールに毎日励むことができています。大学4年間で学んだことは決して自分を裏切りません。今できることを精一杯して、努力をしてください。応援してくださる方々、チームメイト、両親への感謝の気持ちを忘れずに毎日頑張ってくださいね!